OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

冬と夏ではどちらの方が髪が傷むのか?

2020-11-10

私たちの身体が、冬は寒さで、夏は暑さで過ごしにくいと感じるのと同じように、髪もそれぞれの季節で受けるダメージが異なります。
冬と夏ではどちらの季節が、髪がより傷むのでしょうか?

 

冬は髪の乾燥に要注意

冬に髪が傷む一番大きな要因は「乾燥」です。冬場はお肌もカサつきやすくなりますよね。

気温が下がり冷たい空気にさらされると、髪の毛は、パサつきやごわつき、切れ毛も増えてきます。

また空気自体が乾燥状態となると、静電気が起こりやすくなってしまうのです。
服を脱ごうとすると髪との間に静電気が発生し、パチパチ音がしたり、髪が広がってしまう…そんな経験ありますよね。

さらに、静電気が起こると髪同士が摩擦を起こし、髪のキューティクルが剥がれやすくなるのです。さらにひどくなると抜け毛の原因にもなる為、冬場の髪の乾燥には注意したいものです。

 

冬の乾燥には加湿と保湿が大事

冬の過酷な環境から髪を守るのに大事な「加湿」と「保湿」の為の対策をご紹介します。

マイナスイオンドライヤーを使う

マイナスイオンドライヤーを使う事で、静電気により起こるプラスイオンを中和することができるのです。そして、プラスイオンによってキューティクルが剥がれるのを防ぎ、髪にうるおいやツヤを与えます。

また加湿器を使い、部屋自体を乾燥から守ることや、トリートメントにオイルを取り入れるなどして水分が髪から逃げにくくする工夫をしましょう。

夏場の髪は紫外線ダメージに要注意

夏といえば、強い日差しと紫外線です。

紫外線を髪に浴びると、髪の主成分であるタンパク質にゆがみが生じてしまい、髪の内部乾燥や、枝毛や切れ毛などを引き起こします。

また、紫外線で髪が焼けると、キューティクルがひび割れを起こすことさえあります。
髪は色が黒いこともあり、肌以上に紫外線を吸収しやすいので注意が必要です。

紫外線対策にUVケア

紫外線を浴びるのは髪の毛だけでなく、頭皮も同じです
頭皮は髪が生える土壌であるだけに、ダメージを受けると、髪自体にも大きく影響します。

そこで、帽子をかぶる、日傘を使用するなどして、紫外線から守ってあげることが大切です。その際UVカットしてくれるものを必ず選びましょう。

 

夏も冬も、髪の乾燥やキューティクルの剥がれといった症状が出ますが、結論からいうと、冬と夏では、断然冬のダメージが髪には大きいのです。
それは静電気が髪に与える影響が非常に大きいからです。

是非季節にあった髪や頭皮ケアをしましょう。

 

ページの一番上に戻る