OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

つむじの日焼けを防ぐ方法と日焼けたときのケア方法

2018-08-14

つむじが日焼けしやすい季節は、紫外線が強い夏に多く見られます。

海水浴やアウトドア、スポーツをする際は、つむじの日焼けを防ぐことが大切です。

今回は、日焼けによってつむじが受ける影響や、予防法、ケア方法を紹介します

「ビーチ写真」の画像検索結果

つむじが日焼けることによってどんな影響があるのか

頭頂部にあるつむじ付近は、太陽の光が真っすぐに当たるため、頭皮にダイレクトに紫外線が届きやすいことを知っておきましょう。

つむじが日焼けすると、お顔や体と同じように赤くなったり皮がめくれたりします。

日焼けの度合いが強いと、1センチ程度の大きさの皮膚が剥がれることも。

つむじが日焼けすると炎症を起こすだけでなく、頭皮の水分が減ってバリア機能が低下するため、頭皮に以下のような悪影響があります。
・痛み
・痒み
・フケ
・乾燥
・薄毛
・白髪

重度の日焼けや、継続してつむじが日焼けすると、髪の毛を作る毛母細胞に栄養が届きにくくなり、薄毛や白髪にまで発展することがあるので注意しましょう。

つむじの日焼けを防ぐ方法

可能な限り、つむじを直射日光から守ることが大切です。

帽子をかぶる

つむじを含め髪の毛も守れるよう、つばの広い帽子がおすすめ。

ただし、汗や熱で蒸れるのを防ぐため、ときどき帽子を取って風通しを良くしましょう。

UV遮光率の高い素材や、放湿・冷却素材の帽子なら熱がこもらず快適です。

日傘で直射日光を遮る

UV加工された日傘をさして、極力つむじに紫外線を当てないようにしてください。

ただし、日傘に後からUV加工した商品は2年ほどで効果が薄れるので気を付けましょう。

あらかじめ、日焼け止めを塗っておく

顔用や身体用の日焼け止めを少量手に取り、つむじに塗っておきます。

頭皮に使える日焼け止めスプレーも市販されているので活用してください。

つむじが隠れるような髪型に変えておく

つむじが割れないように分け目を変える、髪をまとめて結ぶなど、髪型を工夫するだけでも日焼けを軽くすることができます。

 

次回は日焼けしてしまった時のケアについてお話します。

ページの一番上に戻る