OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

リンスしてるのにダメージヘアが治らない原因は何?

2018-02-13

ダメージヘアの原因

ダメージヘアは、文字通り髪が傷んだ状態の事を指します。

そのため、髪が傷む原因が分かれば、ダメージヘアの原因も分かります。

では、髪が傷む原因は何なのでしょうか。

髪が傷む原因は、主に外部からの刺激にあります。

代表的な物では、ドライヤーの熱、紫外線、パーマやカラーの薬剤、髪の摩擦などです。

また、外部からの刺激以外にも、身体の内側からも髪の傷みの原因になる場合もあります。

それは、栄養不良による髪の栄養不足です。

健康的な髪を生成するためには、充実した栄養素が必要になります。

しかし、無理なダイエットや病気などで栄養状態が悪化してしまうと、髪に栄養が送れず髪の傷みに繋がります。

このような髪の傷みの原因が、ダメージヘアの原因になっているのです。

リンスしてるのにダメージヘアが治らない原因は何?

ダメージヘアの改善対策として、リンスがあります。

しかし、いくらリンスをしても、ダメージヘアが治らない場合もあります。

どのような原因があるのでしょうか?

リンスでもダメージヘアが治らない原因は、髪の傷みが大きすぎるからです。

なぜなら、リンスによるダメージケアは、薬によって傷口を治療することではありません。

表面をコーティングして、ダメージを目立たなくさせるものだからです。

そのため、傷みすぎたダメージヘアを、もとの健康な髪に戻すことは出来ません。

そのため、ひどいダメージヘアの場合は、リンスでは治すことができないと考えた方が良いです。

ダメージヘア対策

では、リンスでは治せないダメージヘアの場合は、どうすれば良いのでしょうか。

この場合は、残念ながらカットするしか方法はありません。

しかし髪の傷みは、毛先を中心に進行します。

そのため、ダメージヘアでも、毛先以外はまだ健康状態が損なわれていない場合もあります。

ですので、傷みがひどい部分をカットして、健康な髪をケアしていくのが良い対策になります。

正しいケアで、ダメージヘアの対処をしっかりと行いましょう!

ページの一番上に戻る