OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

髪が傷むと茶色くなるのはなぜ?

2018-02-06

髪はひどく傷むと茶色くなりますよね。

どのような仕組みで茶色くなっているのかご存知ですか?

今回は、茶色になる原因と対処方法、予防方法を紹介します。

髪が傷むと茶色くなるのはなぜ?

髪が傷むと茶色くなるのは、髪の傷みによってタンパク質が損なわれるからです。

タンパク質は髪の主成分です。

栄養状態が正常な髪は、タンパク質が密集しています。

しかし、髪が傷むとタンパク質が損なわれ、密度も低くなります。

このタンパク質の密度の低下が、髪を茶色く見せているのです。

なぜかというと、タンパク質の密度が低いと髪の内部がスカスカになり、光を多く通すからです。

そしてタンパク質が少なくなると、髪を黒くしているメラニン色素の量も減ってしまいます。

これらのことが、傷んだ髪を茶色く見せている原因になります。

 

髪が傷んで茶色くなってしまった時の対処方法

カット

傷んだ髪が茶色く見えるのは、光を多く通すからです。

特に毛先は傷みやすいため、茶色く見えやすいです。

傷みがひどい毛先の部分のみをカットすることで、傷みによる茶髪は改善できる場合が多いです。

カラーリング

またそれでも改善できない場合は、カラーリングによって髪を黒くする方法もあります。

ですが、カラーリング自体が髪を傷める施術なので、十分に注意が必要になります。

 

次回は髪を傷めせない為の方法をご紹介いたします♪

ページの一番上に戻る