OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

寝ぐせがつかないようにするには?

2016-04-02

朝起きて寝ぐせがついてると憂鬱になりませんか?

寝ぐせってなかなかキレイにはなおせないんですよね・・・

そんな寝ぐせがつく大きな原因には、2種類あります。

 

その1・・・半乾きのまま寝ている。

半乾きのまま、寝てしまうと

ほぼ確実に寝ぐせがついてしまいます。

何故なら、髪は完全に乾く瞬間にカタチが決まるからです。

寝るときに濡れていると
寝ているあいだに髪が完全に乾いてしまうので
寝ている間の髪のバラつきがそのままクセとして
残ってしまうのです。

 

なので、必ず寝る前にドライヤーで髪を完全に乾かしてから
寝て下さいね!

 

それだけでも、寝ぐせがかなり付きづらくなるはずです。

 

 

その2・・・寝るときに髪がバラついている。

寝る時に髪がバラついていると

それもまた寝ぐせの原因になってしまいます。

 

例えば、寝るとき、髪の毛先が背中の下にあったとします。
そのとき、もし毛先が折れたまま下敷きになってしまうと
そのままの状態で、髪のカタチがついてしまうのです。

これは、背中による圧力が原因です。

 

髪は長時間、折れている状態のままでいると
そのままクセとして残ってしまうんです。

 

なので、寝るときはなるべく
髪が背中などの下敷きにならないような場所に
持ってきて寝て下さいね^^

 

<ロングヘアーの方へ>

また、鎖骨より長いロングヘアーのかたは、

シュシュで中間から毛先を優しく縛って寝ると
毛先の絡まり、寝ぐせを防ぐことが出来ます。

何故、シュシュなのか?
というと、ヘアゴムだと逆にしばりグセがついてしまうからです。

シュシュで2重くらいなら、
クセもつきにくく、髪の毛同士がお互いを支えあって
傷みづらくなりますし、朝起きた時のまとまりも良くなります。

 

是非実践してみてくださいね!!

ページの一番上に戻る