OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

カラーの色持ちを良くするには?

2016-03-22

 

カラーの色持ちが悪くなる原因は
ほとんどが美容室でのケア不足です。

 

カラーをするときには必要な成分が
カラーをした後に残留する事で
色持ちが悪くなってしまいます。

 

○カラーをするときに必要な成分とは?

 

色素を抜いたり、入れたりする成分です。
これがカラー後に残ると、自宅に帰った後
退色・ダメージの原因になります。

 

カラー後に独特なニオイが残るのは
この成分が残留しているからです。

 

○これが残るとどうなるの?

 

自宅でシャンプーする度に
この成分が徐々に流れていきます。

 

その時、髪の中の色素も流れてしまうんです。。。
これが、色持ちの悪さの原因です。

 

○色素と一緒に流れてしまうもの

 

実は、シャンプーをしたときに

色素と一緒に栄養分も流れてしまいます。

カラー後に自宅でシャンプーすると
キシんだりするのは これが原因です。

結果、乾かすとパサツキ、まとまりが悪くなります。

 

○最終的には・・・

 

カラーの回数が多いところから
どんどん明るくなっていきます。

 

毛先にいくにつれて、
金髪のようになるのはその為です。

 

では、どうすればよいの?

 

カラー後に、色素を抜いたり入れたりする成分を
徹底的に除去することが大切です!

 

そうすれば、ニオイも残ることはありませんし、
毛先が金髪になったり、パサついたりすることも
ありません。

 

B-bornでは、一人ひとりにあった施術を

させていただいています。

 

また、ホームケアをお使いいただくと、

より効果的ですよ♪

imgrc0063502909

どの商品をお使いいただくとよいのかなど、

お気軽にご相談くださいね♪

 

これからも安心&安全にヘアカラーを楽しみましょう!

ページの一番上に戻る