OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

正しいシャンプーの選び方

2016-02-23

優しいシャンプーを選ぶときの基準になるもの。

それは、成分表です。

 

★成分表とは?

シャンプーやトリートメントの裏側に表示されているもので
今では全成分表示が義務付けられています。

この成分表で確認して欲しいものがあります。
というより、これだけ押さえておけば、
まず失敗は無い。というポイントがあります。

 

それは、洗浄成分です。

 

★シャンプーは洗浄成分で良し悪しが決まる。

シャンプーで一番大切なのは洗浄力です。

何故なら、洗浄成分が粗悪なものだったりすると
髪の汚れだけでなく、内部の栄養分まで
流出してしまう恐れがあるからです。

 

その為、シャンプーにどんなに良いトリートメント成分が
入っていても、洗浄力が強ければ結局効果はありません。

ほとんど流れてしまいます。

 

なので、優しいシャンプーを選ぶときは
洗浄成分を確認してください。

洗浄成分さえ押さえておけば、
ほぼ失敗することは無いと思います。

 

★成分表記の見方

成分表記は、配合の多い順から掲載されています。
その為、シャンプーでは、

水・洗浄成分・トリートメント成分・その他少々

という順番がポピュラーとなっています。

 

なので、成分表記を見るときは
水の次に入っている洗浄成分を確認すれば
ほぼ良し悪しが分かるようになっています。
(稀に、水より先に洗浄成分が入っている場合もあります)

 

★気をつけて欲しい洗浄成分

ラウリル硫酸◯◯◯(洗浄力強い、刺激性、安価)

ラウレス硫酸◯◯◯(洗浄力強い、やや刺激性、安価)

スルホン酸◯◯◯(洗浄力強い、安価)

以上の成分が水の次に入っている場合は
まず洗浄力が強いと思っていいです。

 

これらは、汚れだけでなく、
中の栄養分まで流出させてしまう可能性が
高いので気をつけて下さい。

とくに「硫酸」がついているモノは
強い可能性が高いです。

 

ちなみに、これらの洗浄成分は安価なため、
市販のシャンプーに使用していることがほとんどです。
*サロン専売品でも使用しているケースがありますのでご注意下さい。

スクリーンショット 2016-02-23 13.24.08

ページの一番上に戻る