OPENから15:00までがスムーズにご予約頂けます。Web予約はこちらから

落ち着いた雰囲気と豊富なメニュー&技術力で人気の岐阜県瑞浪市『美容室 B.born 』

0572-68-1190

サロンでのカラーと市販のカラーの違い

2016-07-13

先日、トリートメントのお話をしたので、

今日はヘアカラーについて説明します☆

1a1801a083877a4a399f2913310612f5_s

美容室で染めることのメリットは、2剤

使い分けができるというのが最大のポイント。

 

ヘアカラーの2剤は、1剤と混ぜることで、

発色やブリーチを助ける役割があります。

 

染料が入った1剤にいろんな種類があるのと同じように、

2剤の過酸化水素にも濃度の違いがあり、

髪の状態や目的で使い分けをしています。

 

カラーをする人の多くは、月に1回など継続している人。

 

つまり、髪の90%は既色部の状態。
その上からカラーをしても、残った色素やダメージによって

色ムラや傷みができてしまいます。

 

そこで、髪の状態によって2剤の使い分けをします。

 

ホームカラーの過酸化水素濃度は6%のみ。

対して、美容室の2剤は1~6%のものがあり、

使い分けができるんです。

 

過酸化水素はブリーチに深く関係するので、

必要以上の濃度は髪のダメージに直結します。

3bdf2640203e69ebb680fe09cb6870e7_s

サロンカラーでは、美容師がお客さまの髪の状態に合わせて

薬剤をチョイスし、カラーバリエーションも豊富です。

 

ムラなくきれいに、ダメージを最小限に

カラーを楽しみたいなら、サロンでのカラーがおすすめです♪

 

 

 

ページの一番上に戻る